おきてがみ

ご訪問o(*^▽^*)o~アリガトデスー!!!

2010年09月04日

なぁる程豆知識♬(シフォン編)

【展覧会の絵】専属(!?)コメンテーター yoshiki様の「ちょっと疑問?」のお答えです♬

フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)によりますと・・・

【シフォンケーキ】

    スポンジケーキの一種
    1927年にアメリカ合衆国カリフォルニア州の保険外交員ハリー・ベーカー
    (Harry Baker, 1884-1984)によって考案され
    食感が絹織物のシフォン(en)のように軽いことから名付けられた。
    ベーカーはレシピを公表しなかったため、その製法は長く謎とされていたが、
    1948年にレシピがゼネラルミルズ社に売却された。
    ベーキングパウダーを用いず、泡立てた卵白(メレンゲ)とサラダ油だけで
    その食感がもたらされたのは当時としては画期的であった。

    ※焼き上がったら型を逆さにし常温になるのを待つ
    
     (逆さにしないと萎んでしまうことがある)

という事で ”なぜ逆さまするのか?”ですが

「サラダ油」を生地に混ぜる事によって通常のスポンジとは違い

比重に差がでて、生地自体が重くなるのです!

よって重力の法則に照らし

オーブンから出したてのアツアツふっくらの状態で逆さまにし

生地が冷めて形が固まるまでキープするのです!!


あらゆる世代・性別を超えて愛されてるスィーツの一つ

【シフォンケーキ】

TS2C0036.JPG
              2,200 (シンプルタイプ)

ふんわりふっかふか その上もっちりのシフォン生地と

夢見心地な口溶けのクレームシャンテ(生クリーム)のみのホールタイプ

素材の持つ美味しさだけをご存分にお楽しみいただけます


100901_1301~01.jpg

現在ケースに並んでるのは【もち麦プレーン】チョコタイプです

驚くべき効果を持つ幻の麦”もち麦”仕様
◎食物繊維たっぷり(サツマイモの約5倍・白米の約10倍)
βグルカン(繊維芽細胞を刺激しコラーゲンを大量に作り出してくれる)しっかり
さらには免疫力も上げちゃうんです。


posted by 展覧会の絵 at 10:46 | Comment(0) | ケーキ
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス(ブログには公開されません):

ホームページURL:

コメント:

認証(表示されている文字列を入力してください):
26he